新潟県で居残してMT免許取得、でも… 【合宿免許体験談】

新潟県で合宿免許

運転に向いていない不安要素があったけれど、
海外に留学予定があったためMTを選んだ、
という女性Webライターさんの合宿免許体験談です。

行ってみたい土地だったという新潟県の快適な宿舎で、
勉強のモチベーションも上がったけれど、
実習はとても難しかったそうです。

合宿免許体験談

現在30代後半の女性です。今から10年前に縁故も何もない、
新潟県の自動車学校で合宿免許体験をしました。

たまたま行ってみたい土地だったから、学校の合宿プランも安かったから、
という理由でMT免許コースを申し込みました。

ついてみると宿舎(マンスリーマンション)も非常に快適で、
勉強のモチベーションも上がりました。

ただ、学校の実習はとても難しかったです。
元々車が怖い、不器用、方向音痴、と運転に向いていない不安要素があったのですが、
教官に「…何で同じところを何度も回ってるの?」と言われたあたりから
嫌な予感がしました。

それでもMTを選んだのは、海外に留学予定があったからなのですが…。
案の定、教本から実習中心に入ってからが、煮詰まってしまいました。

私と同じ日にやってきた合宿仲間の女の子たちが、
次々に帰って行くのに、私はいつまでも仮免許が取れずに居残ることになったのです。

幸い、日割の追加料金は発生しないというコースを選んでいたため、
金銭的には不安に追われることはありませんでした。

そうしてようやく仮免を取得、すぐに自宅近くで本免許を取得しました。
そこまで苦労して取ったMT免許なのに、運転をする機会になかなか恵まれず、
立派なペーパードライバーになってしまいました…。

詰め込んで短期で取得した技能は、出て行くのもまた早かったです。
せめてもっと若い段階で、
一般的な教習所通いで取得しておけば身についていたのかな、とも思い返します。

35歳 女性 Webライター (海外フランス)

[PR]

サブコンテンツ

このページの先頭へ

保留中