意外に処分にしにくい植木鉢の土【引越しTIPS】

大阪の66歳の男性から引越しのアドバイスをいくつかお寄せていただきました。
処分にしにくい意外なものとして、植木鉢の土をあげておられます。
なるほど都会だど、そういった事も予め考えておく必要がありますね。
新生活の諸手続きと合わせて、処分する方の計画も大切ですね。

鉢植えもお引越し?

引越しには荷造りをして荷物を移動させる以外に、様々な手続きが必要です。
引っ越し間際になって、バタバタしないために、早めに日程計画を立てて、
もれなく手続きを適時行うと共に、引越しの荷造りを始める事が必要で、
引越し作業計画を作り、作業を進める事がコツと言えるでしょう。

手続きは、子供の学校関係、住民票の移動など役所関係への届け出、
電気・ガス・水道・電話やネット回線などのインフラ関係、
その他金融機関や郵便関係など、多岐に渡ります。

引越し後、順次行えば良いものと、
引越し時にタイミングを計って行うべきものに区分し、
スケジュールにその手続きを漏れなく記載すると良いでしょう。

また引越し時は、不用品を処分するのに最適なタイミングであり、
引越し荷物を極力減らす事は費用を安く上げるポイントでもあります。

ゴミとして処分する場合には、どこの自治体でも分別回収が基本で、
廃棄物の種類によっては月1回しか回収されない様なものもあり、
ゴミの回収日を計画に記載し、このタイミングで廃棄処分が可能なように、
引越し荷物の梱包をしながら不用品を処分する事が重要です。

また処分にしにくい意外なものとして、植木鉢の土があります。
園芸が趣味の人は、多くの植木鉢などを持っておられるかも知れませんが、
愛着のあるもの以外は、一旦処分された方が引越し荷物を減らすためには良いでしょう。
しかし、この土の処分が意外と厄介で、広い庭のあるご近所さんにお願いするなど、
早めに処分方法を手当てして置く事が必要です。

66歳 男性 定年退職者 大阪府

[PR]

サブコンテンツ

このページの先頭へ

保留中