ドローン操縦士育成スクール

ドローン操縦士を養成するための学校 DSJ(ドローンスクールジャパン)
実技練習が行える屋内飛行場は、世界最大級の面積3000坪・天井高15メートル、GPS可。

産業用からホビー用まで、目的に応じたドローン操縦技術と知識を習得できる各種コースが用意されています。
例えば、

  • フライトコ―ス
    円移動や四角移動など25種類の機能を2日間で習得
  • ビジネスコース
    8の字旋回や赤外線カメラ撮影など、産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技能を2日間で習得

国交省登録管理団体であるDPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)の認定資格取得も可能。

実際に操縦を体験できる特典付きの無料体験説明会を毎日15時から実施しています。
場所は、JR京葉線「潮見駅」徒歩1分。
(東京都江東区潮見2丁目8)

DSJ東京中目黒校が窓口になります。
最新情報・ご予約はこちらです。

DSJ東京中目黒校 ドローン無料体験説明会

フライトコ―ス

受講生最大3名につきインストラクター1名。

円移動や四角移動など25種類の機能を2日間で習得、
ドローンに全く触れたことの無い人でも、ドローンを飛ばせるようなります。

技能習得の進捗には個人差がありますが、2日間で習得できなかった技能は、後日スキルアップコースにより習得が可能です。

実技講習に必要な各種ドローンはレンタル無料。

ドローン操縦士

ビジネスコース

受講生最大3名につきインストラクター1名。
ドローン操縦経験10時間以上の方が対象。
(フライトコ―ス合格者は操縦経験10時間未満の方も受講できます)

8の字旋回や赤外線カメラ撮影など、産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技能を2日間で習得が可能。

赤外線ドローン空撮は、従来の目視・打音検査や携帯型赤外線カメラに比べ、はるかに広い範囲を、より良いアングルで早く正確に点検・監視・解析することができます。

ビジネスコースに合格すると、
DPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)の「ドローン操縦士 回転翼3級」資格が取得でき、

ドローン操縦士として様々なマーケットへ

家屋調査、コンクリート製社会インフラの点検、太陽光発電施設の故障点検・解析、農地・山林の植生健康状態調査、行方不明者の操作、スポーツ・ウエディング・旅行などの空撮、野生動物の生態調査・保護・監視…

プロのドローン操縦士として様々なマーケットへの参入が期待できます。

ビジネスコース以上の合格者と作業依頼者を直接紹介する

ドローンのお仕事マッチングサービスも提供(登録無料)されており、
今後の展開がさらに楽しみですね。

無料体験説明会の予約、最新情報はこちら。