山陰で合宿免許

2月、中国地方の日本海側にある合宿所で寒い思いをされたという、
岐阜県の製造業さんからお寄せいただいた合宿免許体験談です。
食堂のご飯もおいしくなかったとか。
でも、肝心の教官の方には恵まれたそうです。

いつの日か、車で山陰地方の温泉をめぐりながら
寒かった教習所や不味かったカツ丼を偲ぶ日がきっと来ますよ。

合宿免許体験談

中国地方の日本海側にある合宿所に行きました。
2月に行ったのでとても寒かったです。

雪も時折降ったりして、雪道で走ることになるんじゃないかと不安になりました。
幸い、雪道で走ることはなかったですが。
路上教習の待ち時間など何かと外で待たないといけない時間が多くて、
あまりの寒さに缶コーヒーを何本も飲んで暖をとった思い出があります。

ご飯について合宿所のご飯がなぜか玄米ご飯しかなくて、ねちゃねちゃして全然美味しくなかったです。
特にメニューにかつ丼があったのですがねちゃねちゃしたご飯で食べるかつ丼は本当に酷かったです。
ご飯についてはいい思い出が全くなかったです。近くのたこ焼き屋さんとカップラーメンが一番美味しかったです。

教官の方については色んな人がいましたが、最初からフレンドリーに話しかけてくれたり、初めての車の運転での不安を取っ払ってくれたりといい人が多かったです。
少しでもミスをするとすぐキレだす教官の方もいらっしゃいましたが…。

中でも、元警察官の方など、いろんな話をしてくれてとてもいい経験になりました。
運転中は喋ってる時間がとても楽しくてあっという間に時間が過ぎました。
免許合宿について不安などたくさんありましたが、いろいろ貴重な体験ができたと思います。

23歳 男性 製造業 岐阜

[PR]