新生活を始めるにあたり、手持ちのお金が心もとない方、
いっぱいあっても節約したい方は、
敷金・礼金(関西でいえば保証金)不要の物件を選べば、
賃貸契約時の初期費用が断然安くなります。


賃貸住宅

間違いなく安くはなりますが、初期費用が不要ということではありません。
賃貸契約時には、敷金・礼金のほかにも、
家賃にして、ざっと3か月分ほどは必要になります。
内訳は、だいたい次の通り。

では何故、敷金や礼金が不要なのかと言えば、
日本は人口減少の途にありますから、
需給のバランスで、年々条件が借り手に有利になってきている訳ですね。

それじゃあまるで、敷金・礼金不要のお家は人気のない物件みたい、と
思うかもしれませんが、その通りなのですよ。
人気物件には、しっかりと敷金・礼金、そして相応の家賃が設定されています。

それでは、
敷金・礼金不要の物件と、敷金・礼金を普通に払えない借り手、
交渉は、どちらが有利か?

仲介手数料(家賃の半月~1ヶ月分)

賃貸会社

家賃の1ヶ月分というのは法的に決められた上限で、
半月分のところもざらにありますね。
ここに拘るのであれば、交渉で値切ろうなどとは思わずに、
最初から「半月分」の業者さんに行く方が賢明です。

「1ヶ月分」の業者さんの広告に、興味のある物件の広告が出ていたとしても、
「半月分」の業者さんに行っても、同じ物件を扱っているケースがほとんどです。
でも例外はありますので、その時には諦めて、1ヶ月分の手数料を払いましょう。

前払い家賃(日割り家賃+1ヶ月分)

最初の支払日までの日割り計算した家賃と、
なぜか更にまるまる1ヵ月分が必要になることも多々あります。
なぜ必要かというと、大家さんが安心するためですね。

それじゃあまるで敷金のようなものですが、その通りなのです。
敷金の欄で1ヶ月分高くすると、インパクトが変わって来るので
こんなところで請求する訳ですね。

ただこの金額は不動産屋さんの利益には関係ないので、
営業マンを上手くそそのかすと、掛け合ってくれることもあります。

コツは、「これがなければ契約する」に尽きます。
「○○がなければ契約する」は、借り手唯一の切り札でですから、
上手に使いましょう。

使いどころとしては、ここ(日割りの部分じゃないですよ、
+1ヶ月の部分です)か、部屋のクリーニング代あたりですね。

保険料(2年契約で2万円ほど)

これは主に火災保険ですね。借り手の付かないリスクは家賃分で済みますが、
火でも出された日には、とてもそんな額ではないですから、これは必須条項なります。

ただ大家さんのリスクですから、大家さんが負担すれば良さそうなものですが、
借りる人が払うことになっています。法的な根拠のない業界の掟です。

たっぷりと、敷金・礼金を設定しているのであれば、
そこのところで帳尻を合わせることも交渉次第では有り得ますが、
「敷金・礼金なし」の場合は、いたしかたありません。

鍵交換代(2万円ほど)

賃貸住宅の「カギ」

大家さんには家賃と引き換えに、安全な住宅を提供する義務があるので、
鍵の交換代は大家さんが負担するのが筋ですが、
実際には、契約時にさも当たり前のように、借り手に請求されます。

これは、多くの場合、不動産屋さんの利益になりますので、
交渉してもなかなか負けてはくれません。

建具や内装といった部分は、
大家さんと工務店のあいだに長い付き合いなどがあって、
なかな不動産屋がその中に立ち入ることは出来ませんが、
鍵の交換については、不動産屋さんに
「よきんはからえ」と任せてしまう大家さんが多いのです。

不動産屋さんは、仲介手数料の上限が法律で決められていますので、
こういったところで稼いでおきたい訳ですね。

鍵

だからといってボロ儲けではないですよ。
鍵交換代から上がる利益なんて知れてますからね。
でも、
車を用意して、ガソリン代払って、運賃ももらえず
皆がみな契約してくれる訳でもないのに、
町中を走りまわっているのですから、一か月分の手数料だけでは、
なかなか大変なのですね。

だからと言って貴方には関わりのないことなので、
そんな押し売りオプション必要ないと思う方や、
必要だけど家主が払え、と、筋を通したい方は、
頑張って交渉してみましょう。

これは法律や、倫理の問題ではありません。
「だったら貸さない」対「だったら借りない」の
ささやかな綱引きです。

部屋のクリーニング代

これも本来大家さんが負担すべきものであり、
必要以上のクリーニングは、オプションの押し売りですね。

「敷金・礼金なし」の場合は、かなり強気で押し付けられますが、
納得いかなければ、「ない袖はふれない」と、しなやかに押し返しましょう。

敷金・礼金不要の物件と、敷金・礼金を普通に払えない借り手、
交渉は、どちらが有利か?

これはもう、普通に考えれば、敷金・礼金不要の物件の方が有利ですね。
なぜなら、
人気がなくて、敷金も礼金もとれなかったという事実はありますが、
敷金・礼金を不要とすることで、突然、人気物件にランクアップされる訳ですね。
「どうせ人気ないんでしょう」と、上から目線のアナタ、考え方を改めましょう。

それでもあきらめる必要はありません。
大家さんの代理人の不動産屋さんは、間違いなく目の前のアナタに
契約して欲しいと思っています。
アレもこれもお願いしても、却下される事と思いますが、
一つくらいは、叶えてくれるかも知れません。
賢く初期費用を節約して、新生活をスタートさせたいですね。

[スポンサーリンク]