手付金

賃貸でいうとこころの手付金は、見て気に入った物件を、
契約まで押さえてもらうために預けるお金で、
契約の際には敷金や保証金に充当される、ということになっていますが…

私は不動産屋でも売買の方の営業をやっていたのですが、
売買ではそういう種のお金のことを「申し込み証拠金」、
あるいは「申込金」と言います。

賃貸ではルールが違うのかな? それにしても、
多少の用語の違いならともかく、
「手付け金」というのは契約の核となるものですよ、

売主と買主が対等な立場で、「手付金」に賭けて売ります・買いますと、
約束を交わすのが契約ですよ。不動産.info – 手付金

しかし、賃貸では違うらしい、 何やら妙な違和感を感じたので
ネットで調べてビックリしました。

賃貸住宅

なんと賃貸の業界では、申し込み証拠金として預けたお金が、
仲介業者から、大家さんに渡った時点で「手付け金」に昇格するって、
そんな馬鹿な… と不動産の売り買いに従事したいた者なら誰だって思うはずですよ、

大家さんが申込金を受け取った時点で契約が成立する、
というような見解もあるようですが、不動産屋には鉄の掟として、
契約の前には重要事項の説明が義務付けられています。
勝訴
それをせずに手付け金を設定するのは違法行為です。
でも現実には、慣例だか何だか、まかり通っているようです。

しかし、違法行為ですから、訴えれば必ず勝ちます。

不動産屋を開業するには都道府県知事、
県をまたぐ場合には国土交通大臣の認可が必要です。
そういったお役所にも苦情は届いているようで、
「ややこしいことはしなさんな」
と、指導が入っているそうです。

重要事項説明前の「手付金」は違法、
契約を見送った場合は返還される「申込金」は合法、
でも、ややこしいので、
契約前にお金の授受は「しなさんな」という
強制ではない指導です。

借りる方としても、ややこしいことはしたくないので、
賃貸屋さんで「手付金」の話が出たら、お店を代えた方が無難ですね。

しかし、どうしてもその物件に興味があり、
お店を代えるのも面倒くさい場合は、
くれぐれも、「重要事項説明」前のお金の扱いにはお気をつけ下さい。

できればお店に入ってすぐ、

・仲介手数料はいくら?
・ジュウセツ(重要事項説明)前にお金(手付金)はいるの?

仲介手数料と合わせて、手付金のことも確認しておいた方が良いですね。

これだけは知っておきたい【賃貸住宅用語】

[スポンサーリンク]