ここ一番の…

冬は「薄着で体温を調節すると若干ですが手汗が収まりました」という
神奈川県の会社員さんからいただいた「手汗対策」体験談です。
いつもだと風邪をひいてしまうので、
「就職活動での面接、大事な資格試験、会社のプレゼンテーションなど、
ここぞという時に試してみて」とのことです。

「手汗対策」体験談

幼少の頃より手汗が酷く、他人にとっては些細なことながらも悩んでいました。
紙などに触るとフニャフニャになったり本を読むにも一苦労で、
ゲームのコントローラーや携帯電話を持つと汗で水滴が流れることもあります。

特に暑い時期は症状が酷く、常に「濡れている」と言った方が良いかもしれません。
冬も寒いからと言って手汗が収まる訳ではなく、
暖房で温まった部屋などではすぐに症状が出てしまいます。
手術で改善される方法もあるようですが、まずは簡単な対策からはじめてみました。

私の場合、緊張や体温が上がることで手汗が酷くなるケースが多く、
まずは体温管理の面でなんとかならないか?と考えました。

夏場は普通に汗をかくので誤魔化せますが冬場はそうはいきません。
そこで上半身は半袖などの薄着で体温を調節すると若干ですが手汗が収まりました。
もちろん着込む枚数が減る為、寒さに耐えなければいけないデメリットが発生します。

毎回このような事をしていては風邪を引いてしまうので、例えば就職活動での面接、
大事な資格試験、会社のプレゼンテーションなど、ここぞという時に試してみて下さい。

ポケットの中にハンドタオルを忍ばせて、
湿り気を感じたら隙を見て握ったりするのも効果的です。
ですが一時的な対処方法に過ぎないので、
根本的な改善をするには病院に行くことをお勧めします。

神奈川県 30歳 男性 会社員