東京の36歳営業マンさんから、転職エージェントを利用した際の
体験談をつづっていただいております。
「アンマッチな職種ばかり紹介されるのであれば、
自力で探す又は複数社を同時並行で利用するのが良い…」
本当、その通りですよね。

巨大ビル

転職エージェントを利用したのは28歳の頃。
職種は通信技術系の営業や保守運用技術職でした。

某超巨大企業の転職エージェントを含め、いくつかを平行利用しましたが、
どこも共通しているのは都内でも一等地の巨大なビルに呼び出され、
こちらが気後れするような圧迫面接状態で面談に望まされることです。

そして共通して言われることは希望職種にもよるのでしょうが
「年齢的に遅すぎる」「ギリギリ」「まずほとんど無い」と、全否定から入ること。

経歴についても**学部なのにどうしてこの業界を選択したのか、
転職活動の大本のきっかけなった会社が倒産したことについても、
何故倒産するような会社を選択したのかといいった具合に、
これまでの選択や判断まで徹底的に攻められます。

所謂、下手な人材を紹介して会社の信用を落とすわけにはいかないので、
軍隊の新兵教育における、それまでの価値観の破壊して覚悟を持たせるという
目的があっての意味のある行為なのでしょうが、
それを受ける方としてはいくら態度や言葉遣いは丁寧であっても
精神的にはすごく疲弊します。

一通りの通過儀礼が終わると、具体的な仕事紹介に入るのですが
転職エージェントの方も紹介は専門であっても、
実際にその業界で働いたことがあり内部事情を知り尽くしているというわけではないので、
希望とはアンマッチな業種や業態についても紹介されます。

自分は営業系を希望していたのですが、なぜか監査系の仕事を強く紹介されました。

一番困るのは、その為にこの資格は取っておくべきだと言われ、
結局資格も取ったのですがお金と時間を浪費しただけで、
転職にも今の仕事にも何の役にも立ちませんでした。

全員が全員では無いですが、とりあえず転職エージェントさんは、
自分の成績につながることと、
紹介し採用された後に短期で退職などのトラブルにならないことを最重視して、
転職者の希望はあまり考慮しない紹介をしているなと感じます。

その為、アンマッチな職種ばかり紹介されるのであれば、
自力で探す又は複数社を同時並行で利用するのが良いです。

36歳 男性 営業・セールス 東京

[スポンサーリンク]